地震保険

地震保険必要

地震保険は警戒宣言が発せられた場合に新しく加入することはできません。その前なら
加入できます。

日本で地震が発生する確率はものすごく高い地域です。日本列島は活断層が数多くります。
東日本大震災で住宅で大きな被害があったのは周知の事実です。家屋は9万戸で半壊は3万6千戸で一部損壊は27万戸になります。
土砂が流れこんだ家や液状化で傾いた家があります。

地震保険必要
多くの人がこの事実について知っていますが地震保険に入っていない人はものすごく多いのです。地震保険は自然災害から家族を守る方法の一つです。

地震保険の金額
地震保険は地域や建物の構造によって異なります。東京都や神奈川県や静岡県では金額が
高い印象です。一方で福岡県は安いという印象があります。

自然災害をとめることはできません。ですが地震保険に加入することはできます。ぜひ今すぐ入りましょう。

ハザードマップ
ハザードマップは風水害や地震など自然災害の被害の範囲を予測したものです。市町村のホームページを見れば明らかになります。ハザードマップの土地条件図を見る事もできます。土地の生い立ちや形状や地盤の高低干拓埋立の歴史もチェックできます。

地震保険の更に上乗せしたい人はリスタに加入をおススメします。
リスタは日本震災パートーナーズの地震補償保険です。

地震保険の歴史
地震保険の歴史は1966年の昭和41年に誕生いたしました。これは1964年の新潟大地震が原因です。この時に地震保険に関する法律が制定されました。

地震保険はどこの保険会社も同じ
火災保険無料一括で地震保険を探す場合があります。ですが地震保険というのはどこの保険会社に入っても同じ金額です。では複数の会社で査定する必要があるのかという問題になってきます。この場合はどのような火災保険とセットになっているかが鍵にです。

地震保険を受け取る原因は地震・噴火・津波です。地震の際は火災の引き金になる場合もあります。地震保険というのは単独で加入することができません。火災保険とセットではじめて加入できます。ちなみに液状化の場合も一定の割合で支払われたケースがあります。

日本で一回の地震に払われるのは5.5兆円まです。

地震保険の全損半損一部損
地震保険は全損なら100%そして半損なら50%次に一部損なら5%です。

地震の一部損5%に着眼する。
火災保険と併用をして地震保険に入る時にぜひチェックしていただきたいのは地震の一部損の5%です。

火災保険の再調達価格と地震保険の時価
火災保険では再度あらためて建物を立て直す価格を再調達原価としています。一方で地震保険は時価となります。時価とはその時の老朽化を加えたものです。