新築家の構想の仕方とは?

新築のプランは希望と間取りと予算のバランスを常にとる

新築の構想は3つのステップを繰り返して実践すれば成功します。

・具体的にはあなたの家族の希望の優先順位を紙に書き出す

・順番に新築の営業マンにプランに落とし込んで提案してもらう

・1つのアイデアを追加するたびに住宅ローンの返済金額を確認する。

この3つのステップで完成します。

新築の家はピカピカですし新しい方がいいことが
わかっていますし
消費税の関係もあり新築を考えている人は多いです。

ですが,結果としては
予算が足りなかったり
あきらめたりする方も多いものです。

そこで今日は
いかに安く高品質な新築を
購入するための2つの工夫をお伝えします。

新築をするのは住宅展示場に
フラッといくのではありません。

多くの人は何も考えずにイメージだけで
住宅展示場に行きます。
そこで年収と自己資金を新築の会社の営業マンに伝えます。

ですがそれはまちがいです。
新築の家は実態のないものです。
ですからあなたの年収と自己資金に合わせてプランを作成します。
目いっぱい借りさせて新築させようとします。

本当はもっと安く建てれるのに
利益たっぷり見られてしまいます。

ではそのようなぼったくりに近い状態を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
そんな時におすすめしたいのは事前のマイホームの資料請求です。
単なるパンフレットではなくて希望の間取りをメールで伝えて
先にプランを見て予算を建てるのです。

そしてその後に住宅展示場にいくのです。
事前にそういった対応をすることで
新築の知識の幅を大きくひろげていけるのです。

つまり豊かな人生を歩むために新築の家をクオリテイを保って
お手頃価格で購入するためには
このような最初のステップが重要となってくるのです。

プランや予算を完璧に見えている必要はありません。
希望の間取りと総予算を把握します。

もしもあなたが興味のある住宅展示場があれば
この見積もり以下でできるか聞いてみるといいでしょう

 

新築家の構想の仕方とは?まとめ

・家族の希望の優先順位を話し合い箇条書きで明らかにする。

・新築の営業マンにプランに1つづつ追加して提案の間取りをもらう

・1つのアイデアごとに資金計画の住宅ローンの返済金額を書面でもらう。

この3つのサイクルを繰り返します。

新築の値引きの申し出のタイミングはこの3つの繰り返しの後

多くの新築を希望する人が新築の値引きのタイミングを間違えています。

最初から値引きの話をします。

ですがそれはまちがいです。

この3つのステップを繰り返して回転させた後に

値引き交渉をします。

これは貴重な情報なのです。