住まいとは?

すまい

住まいとは家族の運命を変える空間です。

そしてその空間の立地や間取りはあなたのご家族
方向性にフィットさせるべきです。
住まいを考えるときに不動産会社の営業マンだけにまかせてはいけません。
多くの人は不動産会社の営業マンに任せきりになります。
ですがそれはまちがいです。
より賢明により要望通りにステップをすすめるべきです。
それは住まいの知識を身につけることです。

このマイホームの達人を読めばすべて
わかるようにしています。
住まいをよりよくしたいという願いは自然な考えです。
お金の問題をきちんと考えてそしてよりよくしていく。
住まいというのは生きている以上ずっと継続していくものです。人が生きていく中で
住まいは重要な役割を果たします。
住まいについて家族とよりはなししていくべきです。
もっともっと話すべきです。
そしてもっと勉強すべきなのです。
それは宅建の勉強をすることでもありません。

本屋で立ち読みすることもありません。
ですがより重要なのは不動産会社の営業マンと渡り合える知識です。
それができれば住まいの購入がピリッと引き締まります。
不動産を購入するとはそういう事なのです。
これは大事です。
ものすごく重要なのです。

住まいとは まとめ

住まいは家族のための空間です。

住まいの間取り次第であなたの家族の未来が変わる事もあります。

例えば子供があまりしゃばらないタイプの性格の子でしたら

居間リビングに階段をつけるといいでしょう。

そうする事によって

お子さん部屋に行く時に顔色を見れます。

そのように間取りつまり住まいというのは家族の人間関係の未来に

密接にかかわってくるのです。

その観点の重要性を多くの人が見落としているのです。