中古物件購入注意

中古物件注意点

中古物件購入注意

中古物件購入の際に注意すべき点は建物状況調査について理解することです。
建物状況調査言い換えるとインスペクションは平成30年4月1日に施工されました。
以下の点を義務付けされているのが特徴です。
1.媒介契約をする際に建物状況調査について関する事項を記載された書面を交付
2.重要事項説明書で建物状況調査の結果の概要を説明
3.売買などで契約成立の際に売主と買主が確認した共通事項を記載した書面の添付
です。

これが既存住宅だけが範囲となっています。
戸建住宅と分譲賃貸マンションです。
店舗付き住宅は居宅部分のみです。
そして建物状況調査は誰でもできるわけではありません。
既存住宅調査技術者が実施する講習を受けた国から登録を受けた建築士が実施できます。

目視によって基礎や外壁や屋根の調査をします。

売買後にとら分るにならないために不動産業者売主に積極的にすすめるべきです。
ここでのポイントは売主は必ずしも建物状況調査をしなけけばならないわけではないのです。

注意しなければならないのはリフォームしているから安心てしまうという油断です。

そして売主が建物状況調査をしていない場合は買主が建物状況調査をすることができます。

ここであっせんは任意と覚えておきましょう。

中古物件購入希望者の注意事項としては建物状況調査の状況をチェックするべきです。
中古物件ときたら「建物状況調査をしましたか?」と聞いてみましょう。

不動産業者もあなたの事をなかなかやるなと一目おくでしょう。

こういったあなたに対する不動産会社の営業マンの印象も不動産売買ではとても
大切です。

多くの人が何をどう質問していいかわかりません。

不動産会社の営業マンに何を質問するかその内容も整理するのも重要です。

建物状況調査をあっせんする場合

建物状況調査の過去の実施と書類保存状況そして現地確認が必要です。

建物状況ちょうさをしない場合も
過去に建物状況調査をしたかどうか。
建物の不具合の履歴
建物の法令の適合の調査
現地の確認すべきです。
他店の状況調査をしない場合でも
雨が漏るかどうかを確認するのも目視でするべきでしょう。

中古物件購入注意として建物状況調査の
あっせんは「任意」という点を覚えておきましょう。
仮に建物状況調査をするしないにかかわらず建物状況調査の概要を売主側の
不動産会社の営業マンに説明をしなければなりません。

売主側の不動産会社の営業マンは関係があなたと関係がない場合かもしれません。

買主の不動産会社がいる場合はあなたは直接事前に売主側の不動産会社の営業マンに
会う機会はありません。

売主側と買主側の両方の仲介の場合はあなたは売主側の不動産会社の営業マンの仲介と
会う機会があるといえるでしょう。

わかりやすくいえば中古物件があるとします。

現地に看板がかかっていたとします。

その業者にあなたが直接電話をすればその不動産会社は

売主と買主と両方の仲介をしているといえます。
「売主に建物状況調査のあっせんをしましたか?」
と黄金の質問をしてみましょう

売買契約の前に重要事項の説明をしなければなりません。

重要事項説明書というのは書面で説明です。

できれば契約前に建築士とたちあってもらって
建物状況調査の説明をしてもらうのも一手です。

例えば雨漏りをしたとします。

これが建物状況調査で発見されたとします。
これが売主か買主のどちらでリフォームすればいいでしょうか。

買主側からすれば当然売主にと思うかもしれません。

ですがその分の金額を値引きしてもらって売主で工事するのが得策です。

売主が今から販売する物件をリフォームといっても力が入らないのです。

これはものすごく重要な思考です。

この売主の気持ちをいいとかわるいとかではなくて理解するのが大切です。

原則として建物状況調査が専門的な第三者の調査で説明された場合という点も重要です、

これは重要事項説明書だけではなくて契約書にも記載してあるか確認が必要です。

また建物状況調査もまだはじまったばかりで建築士の数に不足しているという点もあります。

あなたの欲しい物件が建物状況調査で欠陥がみつかった場合

あなたの欲しい物件が建物状況調査で欠陥が見つかった場合にどうするか。

建物状況調査の結果から値引きを成功させる方法とは?

実はチャンスととらえましょう。

修繕をあなたが主導してリフォーム会社に見積もりを依頼します。

実は高い見積もりの書面があなたのカードになります。

この当サイトから見積もりをしたとします。

そこで3つの金額の見積もりがでたとします。

1.400万円の見積もり
2.300万円の見積もり
4.200万円の見積もり

この3つをどう使えばいいでしょうか。

ズバリお伝えします。

400万円の見積もりを売主の不動産業者にみせてこの分値引きしてください。
そう伝えるのです。
これで物件の値引きできるチャンスの確立がグッと高くなります。

多くの人がこういった手法をしりません。

こつは買主の不動産会社の営業マンにまかせるのではなくて
あなた自身で段取りすることです。

この場合に買主の不動産会社の営業マンにお伝えするのは
売主側の不動産会社の営業マンにリフォームのために現地確認の段取りです。

具体的には中古物件の鍵を借りてもらいます。
3つの会社の見積もりなら3回時間のセットをします。
日曜日の昼からきてもらって1時と2時と3時と設定すれば
短時間で見積もりのための現地確認ができます。

3つのリフォーム会社に見てもらうのです。

めんどくさがらずにしてみましょう。

中古物件の値引きのカードになります。

この方法は極秘事項ですのでタイトルは中古物件購入注意とさせていただきました。

ここまで読んでいただいた方が得られる最高の情報です。

これは重要な情報です。あまり人に言わないでくださいね。

中古物件購入注意とは不動産の専門的な知識を勉強することではありません。

ここに書いてある知識を活用することです。

更にもう一つお伝えします。

それは外壁の見積もりをだすのです。

仮に中古物件に人が住んでいてそこまでできない場合もあるでしょう。

ではどうすればいいでしょうか。
その場合は外壁の塗り替えの見積もりを取ることです。

外壁の見積もりは100万から数百万円します。

その見積もりをとってしまえば今度はその見積もりが交渉のカードになります。
より高い金額の見積もりを売主側の不動産会社の営業マンに買主側の不動産会社の営業マンにつきつけもらいましょう。

仮に売主と買主の不動産会社の仲介が同じ業者だったとします。

そんな時のイメージは裁判で原告と被告の弁護士が同じと考えましょう。

嫌な感じだと思いませんか。

アメリカでは片方の仲介しかできなかったと思います。

この仕組みがいいとか悪いとか議論強いる暇はありません。
あなたの要望がいかに通るか考えることに時間を使うべきです。

ではどうすればあなたの要望が通るのでしょうか。
具体的にはあなたの希望の値引きをする方法は何でしょうか。

それはあなたリフォームの見積もりもしくは外壁塗装の見積もりを見せて具体的に
「この金額を値引きしてくれたら物件を購入します」
そう言い切ることです。

言い変えれば物件を購入するかしないかわからない間はまだこの方法を使ってはいけないのです。

伝家の宝刀は最終形で決めるのです。

このステップを踏めばあなたは値引きを成功させることができるでしょう。

中古物件購入注意点は物件購入契約前に値引きの成功法を理解する点にあるのです。